blog index

flipped turtle

2007年5月、ロシアリクガメ(ホルスフィールドリクガメ、ヨツユビリクガメ)を飼い始めました。名前は「エキモフ」。自転車選手からの命名。
カメ記録とブログタイトル(ひっくり返ってじたばたしている亀、という意味)にはあまり関係はなかったんですが、エキモフは時々ひっくり返ってじたばたして自力で立ち直っているようです。
<< ちょー元気 | main | 皿リニューアル >>
夏を満喫中
 エキモフは元気なのに、飼い主が忙しかったので、ブログがアップできませんでした。
ツール・ド・フランスが終わったので、やっと書ける。
……いや、観戦にうつつを抜かしていたわけじゃないですよ?
ツール関連の仕事をしていただけです。いやマジで。

睡眠時間2時間という日が3週間続いて、エキモフともなかなか遊ぶことができず。
エキモフはその間、ひたすらケージ内をうろうろし、シェルターによじ登り、さながらつかまり立ちの練習でもしているかのようでした。


7月の体重測定の結果はこの通り。
1000gちょい越えたあたりで、安定しています。
ちなみにこの直後、秤の上から脱走して部屋を歩き回っていました。


朝ケージを覗くと、餌皿を置く場所に陣取っているのは、どうやらシェルターの中の土が少なくなって寝心地が悪くなっている時のようです。
土を戻してやると、掘って埋まって寝て、翌朝はシェルターの中で待ちかまえています。


こんな感じ。
待ちかまえている間に卍を切っていたっぽい脚の格好。

ガラス戸を開けると、ぐるりと方向転換して、いつでも外に出られる態勢をアピールします。
最近、狭いところでの方向転換がうまくなったエキモフ。
つかえて回れない時には、一歩後ろに下がってから回転することができるようになりました。
ケージの中をうろうろしている間に、そんな技を磨いていたのね。


戸が開いていても、決して外には踏み出さない。
降りられない高さをちゃんと見きわめているらしいです。
賢い……。

戸の前に掌を差し出すと、その上に乗ってきます。
人の掌を、下に下ろしてくれるリフトだと思っているのでしょう……。


エキモフの部屋(リビング、ともいう)の外には、プランターに植えたゴーヤが実っています。
緑のカーテンというほど葉は茂っていない(そもそも直射日光が差し込む構造ではないので、緑のカーテンの必要もあまりなかったのかも……)けれど、実はいくつか生っています。
雌花が咲いたところを一度も見たことがないけれど、どうやって受粉しているんだろう?


こんな感じで、エキモフもゴーヤも、夏を満喫しているようです。

| 片岡美魁 | リクガメ | 23:56 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
お仕事お疲れ様でした。
エキモフちゃんも元気なようで何よりです。
しかし1kg越えって・・・やっぱりでっかいわあ。

ゴーヤ、ちゃんと虫が来てくれるんですね。
家も例年通りゴーヤ棚を作ってますが
人が受粉しないと実がつきません。
というわけで今年も私はゴーヤのお見合い世話係です。
(おせっかいババアともいう)
| ゆー | 2011/08/06 5:34 PM |
ゆーさん、コメントどうもありがとうございます♪
エキモフ、あれよあれよという間に大きくなってしまって……。
しかもこの巨体でひっくり返る(シェルターの上に登ろうとして失敗)ので、時々怖いです。今まで目撃した中では100%自力で復帰していますが……。

ゴーヤは、そうか、虫さんのおかげですか!
確かになんか虫がいろいろ飛び回っているようなので、知らないうちにやってもらってたんですね。ありがとー虫さん。
(集合住宅として何かまずい気もしなくもない……)
| 片岡美魁 | 2011/08/07 12:16 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.mugenhanretsu.com/trackback/1260252
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

bolg index このページの先頭へ