blog index

flipped turtle

2007年5月、ロシアリクガメ(ホルスフィールドリクガメ、ヨツユビリクガメ)を飼い始めました。名前は「エキモフ」。自転車選手からの命名。
カメ記録とブログタイトル(ひっくり返ってじたばたしている亀、という意味)にはあまり関係はなかったんですが、エキモフは時々ひっくり返ってじたばたして自力で立ち直っているようです。
<< 初タンポポ | main | リフォームするカメ >>
元気あり余る春
暖かくなってきて、エキモフは毎日のように出たがって暴れている。
幸い、室内放牧しても問題ないぐらいの気温になってきたので、可能な限り室内放牧している。
嬉しそうにあちこち歩き回るエキモフ。


キッチンで洗い物をする連れの足の間に無理矢理入り込んでなんだか落ち着いている。
足の間に割り込むのが好きで、目の前に足があれば前脚でぐいぐいとかき分けてくる。最近は一段と腕の力が強くなってきたようだ。


プランターのタンポポ(年に数輪しか咲かない、きわめて貴重なもの)が咲いていたので、ハコベとトレビスとモヤシと一緒に皿に載せて供する。
タンポポにまっさきにかぶりつき、その後、ハコベやトレビスもどんどん平らげていく。
食欲も旺盛なり。
とはいえ、しばらく歩き回っていると冷えてくるので、時々ケージに戻してバスキングさせる。


只今チャージ中。

あったまるとまた出たがってうろうろし始める。

さて、今日は近所の公園まで散歩に行ってきた。
公園が水源になっていて、流れ出す川に沿って枝垂桜が咲いている。
ちょっと盛りは過ぎていたけれど、まだまだきれい。

水源の池では、カメが甲羅干し中。

いったいどれだけいるのやら。


近くで見ると、これまた気持ち良さそうに脚を伸ばしてくつろいでいる。

どこのカメにも春は同じようにやって来ているようだ。
| 片岡美魁 | リクガメ | 20:45 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
脚の間に入ってくるなんて、良いですねぇ。こういうスキンシップは、私としゃっくさんにはないです。羨ましいですねぇ。
日光浴している水棲ガメを見ると、春を感じますね。
| ポンスケ | 2010/04/12 12:56 PM |
ポンスケさん、コメントどうもありがとうございます♪
スキンシップというか、自分の甲羅幅よりもやや狭い空間があると通らずにはいられないようです。壁と掃除機の間とか、テーブルの脚と椅子の脚の間とか。
人間の脚を認識しているのかはわかりませんが、通りすがりに爪をぷすっと刺していくのは何かの意思表示なのかも知れません。
| 片岡美魁 | 2010/04/12 11:04 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.mugenhanretsu.com/trackback/1260228
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

bolg index このページの先頭へ